ろうきんカードローンの仕組みとそのメリット

ろうきんのカードローンは労働金庫と結ぶカードローン契約です。
労働金庫は労働組合や生活協同組合が母体となって運営している金融機関なのですが、業務内容は通常の銀行とほぼ同じですので、一般の方でも利用が可能です。
全国の地域ごとに各ろうきんが分かれておりそれぞれの営業エリアごとに名称が異なり、例えば関東在住ならば中央ろうきんとなります。
ろうきんのカードローンサービスも一般的なカードローンと大差はなく、申し込みを行い、審査が通るとカードが発行されるので、ATMから借り入れが可能となります。
限度額ですが、最高500万円ですが、団体会員や生協会員の加入の有無などによって設定できる限度額が変わってきます。
また、会員資格の有無によって一般の勤労者の方に対して金利が優遇される場合はあります。
通常の申込資格は安定した収入のある18歳~65歳までの方が対象で、安定した収入のある方が条件となります。
基本は店舗での申し込みとなりますが、団体会員や生協会員の方ならばインターネットやFAXなどで仮申し込みが可能です。
また、ろうきんのカードローンは、ろうきんを給料振込や年金振込、公共料金の自動引き落とし口座にしている場合、金利の優遇が受けられるメリットがあります。

参照:http://www.centrejc.org/